きんせ旅館

きんせ旅館

きんせ旅館とは?

京都の島原にある、推定築年数250年の木造建築物、それが『きんせ旅館』です。
もとは『揚屋』として作られた建物ですが、時代の移り変わりとともに旅館となり、現在 は『きんせ旅館』という名前をそのままにし、カフェとして、または文化交流サロンとして営業させていただいています。

きんせ旅館

江戸時代から続く、時代を感じさせる建物は、ステンドグラスにタイルはもちろん、旅館営業当時から使われている家具をそのままに使用しています。